神戸市西区/IA様邸
2010/07竣工


こげ茶の瓦屋根に
生成り色の漆喰の外壁。


バルコニーの木の手摺や
妻部分の板貼りなど、
木をふんだんに使った外観は、
アルプス山麓の家を
イメージしています。


プランニングについて
外観イメージは「もともとログハウスが好きだった」という施主様の言葉からイメージを固めていきました。南東向きの土地で北側斜線の制限がありましたが、その傾斜を利用してプロポーションが良くなるように屋根勾配を決めました。又、妻部分の装飾や手摺に天然木を用い、軒の出を深くした大屋根にすることでどっしりとした風格のある佇まいになりました。プランについては、お仕事をお持ちの奥様の為に家事動線が良い水回りにし、また将来、同居された時の為にもこれに気を配った回遊性のあるプランになっています。室内は出来るだけ着色せず、ナチュラルな木の色味を大切にすっきりとコーディネートする事を心掛けました。
IA様のご要望
・木をふんだんに使った温かみのある内外観にしたい。
・将来、同居できるように計画しておきたい。
・和室はLDKとつながりを多く持って空間を広く感じさせるようにしたい。
・広いウッドデッキが欲しい。
・家事動線の良いプランにしたい。
・家族の写真を色々な所に飾れるように計画してほしい。
・夫婦二人で共用出来るスタディーコーナーが欲しい。・・・など
ダイニングの壁一面は、羽目板貼りのアクセントウォールにニッチを計画しました。間接照明を仕込んで、お気に入りの雑貨や写真が一層映えるスペースに。 サツマヨシの天井材と土佐和紙を貼った和室。雪見障子からは、プライバシーを保ちながら外の景色を楽しむことが出来ます。
輸入の木製サッシとパインのフローリングが温かみのあるLDK。優しい質感のある木製のペンダントランプが空間のアクセントになっています。 2階の子供部屋は、天井に勾配をつけました。ロフトにつながる空間です。
1階のトイレには収納と飾るスペースを設けています。陶器の手洗い器と水栓は、奥様こだわりの品です。 主寝室に併設したスタディーコーナー。ご夫婦並んで座る事ができます。本棚は、お持ちの本のサイズに合わせて造り付けました。

  閉じる