西宮市/KK様邸
2014/04竣工


南側道路の土地。
道路からの目線を遮り、
また閉鎖的にならないような
工夫も凝らしています。



アンティークのアイアンフェンスは
アーチの壁と共に
外観のアクセント。



パリのアトリエ風ガラス窓にオーク材ヘリンボーン張りの床、アイアンの階段手摺にアンティークのシャンデリア、フランスの古城タイルを敷いたパティオ。KK様邸は、どこを切り取ってもアンティークが似合うフレンチシックな空間に仕上がっています。1階は製菓用アトリエ、ダイニングキッチン、半屋外のパティオと水回り、2階は書斎、寝室&WICとリビング…という少し変則的なプランですが、旦那様の書斎と奥様用のアトリエ、それぞれが仕事に集中できるスペースを確保しつつ、オンとオフを切り替えてゆったりとくつろげることが出来るようプランニングしました。アンティークやブロカントを好まれる施主様が以前より集められていたものを初期プランの段階から取り入れて計画。また、それらを使用した家づくりを得意とする私達も色々と吟味しながら、状態の良いアンティーク(家具・ドア・ドアノブ・照明等)をご提案させて頂いたので、至る所にちりばめられたお宅となっています。
ダイニングセット・食器棚・ドアやシャンデリアに至るまで全てアンティークでコーディネートしたダイニングスペース。オークヘリンボーンの床と相まって、更にフレンチシックな空間に仕上がっています。 アンティークのドロップペンダントが灯る玄関。製菓用アトリエにつながるドアはチェッカーガラス入りの木製ドアをミルクホワイトにペイントしています。
木製のオーダーキッチンは、ワークトップにステンレスを採用しスタイリッシュに。キッチン前にはアトリエ風ガラス窓をつくり、ダイニングとの空間をゆるやかに仕切っています。 キッチン奥に造り付けた収納&家事コーナー。背面側にも食器棚とパントリーを造り付けているので作業もしやすく収納量もたっぷり。
南東に面した製菓用アトリエ。連窓サッシから見える山の景色や庭の緑を愉しみながら作業が出来ます。将来、製菓教室にも対応できるよう人工大理石の作業台も造り付けました。 ダイニングとつながる半屋外のパティオでは、目線を気にせず食事やお茶を楽しめます。フランスの古城から採取したアンティークテラコッタタイルを敷きました。

  閉じる