神戸市北区/Ka様邸
2014/02竣工



こげ茶の瓦屋根に
アイボリー色の漆喰外壁、
軒を深くとり
庇や柱等に木を見せた外観。


グレーベージュの勝手口ドアや
格子入りの窓も
西側のアクセントになっています。









1階は広縁付きの和室とキッチンを中心としたLDKに水回り、2階は窓越しに見える山の景色を楽しみながら、ご家族皆様で使える読書コーナーとプライベートスペース。将来の同居も見据えてゆったりとした間取りで計画し、動線にも配慮しています。LDKの一角にはキッズスペースや造り付けの大容量の本棚もありますが、丸見えにならないよう少し奥まった位置にコーナー分けしました。家族がお互いの気配を感じながら、それぞれがお好きな場所で楽しめ、スッキリと暮らせるようにと考えたプランです。室内は、オーク材の自然な色合いを活かしたシンプルな空間に、ニュアンスのあるグレー系のカラーをアクセントにコーディネート。レトロ感のある照明やアンティークパーツなど色々とご提案し、ご採用頂いています。
ダイニングキッチン。キッチンの背面収納はパントリーを兼ねた天井までの高さのあるスライド収納。キッチンの対面側はグレーペイントの腰壁で変化をつけました。 大量の本で雑然としがちなリビングの本棚も、丸見えにならないようなプランの工夫でスッキリとした空間に仕上げています。
キッチンは、家族みんなで楽しく料理ができるよう幅広の調理台で計画しました。また、キッチンとダイニングテーブルを並列に置くレイアウトの為、スムーズな配膳動線になります。キッチンで作業しながらLDK全体が見渡せる配置です。 暗くなりがちなホールに明るさを取り入れ、空間につながりをつくる室内窓。大きなサイズのアンティークステンドグラスを室内窓として、リビングとホールの壁に埋め込んでいます。
グレーベージュの勝手口ドアや格子入りの窓も西側外観のアクセントになっています。 オーク材のオーダーキッチンに立つとダイニングの窓越しに、庭の緑を眺めて楽しめます。

  閉じる