神戸市北区/On様邸
2015/03竣工



色むらのあるこげ茶の瓦屋根に
アイボリー色の塗り壁。
木製サッシと木の玄関ドアが
引き立つシンプルな外観。





北側道路で、南側には
隣家が迫っていますが
冬場でもあたたかな日差しを
取り込めるプランを計画しました。







3枚繋がりの大きなアンティークステンドグラスをお持ちだった施主様。「これを眺めながら、新しい家でゆっくりとお茶を飲みたい」とご希望を伝えて下さった奥様の、念願が叶うようなプランを計画しました。イギリスアンティークの重厚なダイニングセットもお持ちだったので、全て配置させた時、それらがしっくりと馴染むようにパーツや照明にもアンティークをちりばめて全体をコーディネートしています。1階は、要所に収納を確保しつつLDKとピアノ室を配し、家事の効率化を図ったプランに。脱衣室〜物干し場へのスムーズなアクセスやキッチンを中心に回遊できる動線を考慮しています。
冬場でもあたたかな太陽光が入るLDK。背面収納とキッチンはオーク材で造作しました。シンク下をあけて、ゴミ箱スペースを設けています。 アンティークのシャンデリアが灯る2階ホール。室内干しスペースとしても活用できる広さで計画しています。
キッチンとダイニングテーブルを並列に置くレイアウトの為、スムーズな配膳動線になります。キッチンで作業しながら全体が見渡せる配置です。キッチン対面側も収納を充実させました。 帰宅してすぐに手洗いをしたいとのご希望に添って、玄関横に洗面台を計画しました。玄関から丸見えにならないよう奥まった配置に。
いつか新築する時の為に…と、随分前に施主様がご購入されていたイギリスアンティークのステンドグラス。お部屋の中心に配して、どこからでも眺められるように。 居室の壁一面のみをペイントするのも雰囲気が変わって楽しいです。こちらはシックなブルーグレー。

  閉じる