加古郡稲美町/S様邸
2007/05竣工

パリの建物をイメージに
グレーの漆喰と
ムラのあるグレーの屋根で
コーディネートした
外観デザインです。

アイアンの装飾や
ブルーグレーで塗装した窓枠と
玄関ドアもフレンチテイスト。
プランニングについて
西面には建物が建たないという土地の状況をいかして、西側の外観デザインと夏の西日対策に気を配りながらプランしました。結果、風通しが良いLKDに加え、暗くなりがちな階段部分もドーマーからの光が差し込む明るい吹き抜けの空間になりました。また、水周りは家事のしやすい回遊プランになっています。当初より、ご要望にありましたアンティークの使い方を工夫し、(引戸として使うには耐久面で実用的ではなかった為)パーテーションとして用いる方法をご提案させて頂きました。その他、茶室風の和室や寝室に併設したアトリエも、お施主様のこだわりがたくさん詰まった楽しい空間になったと思います。S様から支給された建具や様々なパーツ・照明等も、インテリアを引き立てる良いスパイスになっています。
S様のご要望
・グレー系の外観にブルーグレーをアクセントで使いたい。
・将来は、(隣の)母屋と繋げられるようにしてほしい。
・キッチンは雅姫さんの本からイメージして、白くてシャビーな雰囲気の機能的なキッチンにしたい。ステンレスの天板は趣味のパン作りができるように広くしたい。
・アンティークの建具やパーツを取り入れて計画したい。
・内装は昔の学校をイメージに。
・旦那様専用の書斎と、奥様専用のアトリエがほしい。・・・など
ゆったりとしたLDの床は、昔の学校の床をイメージ。幅の狭いフローリングにマットな色で塗装しました。キッチンの間仕切りに用いたのは、アンティークの建具とステンドグラス。勝手口は、将来、母屋と繋げる事が出来るように配置しています。 特注サイズのステンレスカウンターや木製のシンプルな扉のデザインは、造作ならではのものです。水周りの床は汚れも水ハネも気にならないようにタイルを敷きました。
ダイニングから見たリビング。造作引き戸の向こう側は茶室風の四畳半の和室があります。閉め切ると和を感じさせない統一された雰囲気に。 ドーマーに付けた窓から、日中、光がたっぷりと降りそそぐ、明るい吹き抜けの階段部分になりました。
主寝室と併設したアトリエには、ガラス入りの古い建具と窓枠をはめ込みました。引戸を閉めると家族の気配を感じながらも独立したスペースになります。

閉じる