姫路市/MY様邸
2012/07竣工


軒天に木を貼り、軒の出を深くした外観。
白い漆喰に、木製サッシと
板貼りの部分のコントラストが
際立ちます。



正面からは分かりませんが、
南側にはウッドデッキを囲む
中庭があります。


プランニングについて
MY様がご購入を検討されたのは、北側に広い道路のある土地。特に明るさを気にされていましたので、プランでは南側に隣家が建った場合のシミュレーションを含めて、吹き抜けやコの字型の中庭を中心に光と風を取り入れるような計画をご提案しました。また美容室とプライベートゾーンとのつなげ方や、様々な動線(来客・帰宅・洗濯)にも配慮しています。キッチンは、LDKの中心に配することで、料理をしながらおもてなしができ、またウッドデッキのある中庭では人目を気にせずにバーベキューを楽しむことができます。インテリアは、ラフ過ぎず、堅苦し過ぎずのバランスを考えてコーディネートし、落ち着いたカラーに古材やブロカント、ジャンクアイテムを取り入れて計画しました。古材カウンターの高さに合わせた椅子もご提案しています。
MY様のご要望
・親戚や友人を招いて大勢で食事と会話が楽しめるプランにしてほしい
・吹き抜けなど開放的で庭や景色を感じることのできる家
・堅苦しくなく、ラフで古びたものも似合う雰囲気にしたい。
・料理をしながらおもてなしができる空間にしたい。また、人目を気にせずBBQを楽しみたい。
・シューズクロークやパントリーなど収納をまとめてすっきり暮らしたい
・極力、カーテンを閉めなくても良いようにしたい・・・など
LDKの中心にキッチンを配したプラン。リビングの吹き抜けや階段に設けた室内窓で、より一層明るく広がりのある空間になりました。古材とオーク、鉄などのマテリアルをMIXさせ、程よくラフでこなれた雰囲気に。 フランスのアンティークテラコッタタイルを敷いた土間。陶芸作家の陶器シェードからほっこりと優しい光が広がる玄関ホールです。
キッチンからリビングダイニングを見る。キッチンと背面収納はオーク材を使った造作家具。作業台の高さを古材の対面カウンターと合わせることで一体感のある仕上がりに。 ハイサイドライトから降り注ぐ明るい自然光に包まれた洗面化粧台。ベージュペイントの木製扉に引出収納やシャワー水栓を合わせ、デザイン性と機能性も兼ね備えました。
将来、美容室をオープンされる予定で計画しています。アンティークの真鍮ノブを付けたドアからプライベートな空間へと繋がります。手洗いコーナーの面台部分には、味わい深い色むらのあるタイルをアクセントに使いました。 美容室は、板貼りの壁に白いドア。自宅の玄関ドアは木製です。玄関までのアプローチにはヴィンテージレンガを敷きました。

  閉じる