神戸市西区/OJ様邸
2011/06竣工


アイボリーの漆喰壁に
木製の格子窓と木製ドアが
映えるシンプルな外観。



ポーチに使用したフランスの
アンティークタイルや
レンガのアプローチが
味わい深い表情をつくります。



プランニングについて
庭も部屋の一部に感じられるような、内と外とのつながりを意識したプランをご希望された施主様。外部からの視線を遮りながら庭の景色を取り込めるよう、それぞれの目的を持った3つの庭(前庭・中庭・裏庭)で構成しました。前庭は南道路に面した駐車場兼用のパブリックガーデン、中庭はLDKの大きな掃出し窓から続くプライベートな庭、裏庭はキッチンと脱衣室の両方から出入りできる便利なサービスヤードとして計画しています。また、将来は奥様が自宅ショップをオープンされる予定の為、プライバシーや動線にも配慮したプランで計画しています。内装は、アンティークも似合うシンプルでシックな雰囲気をテーマにコーディネートしました。
OJ様のご要望
・漆喰の白と窓枠などの木の色が調和した、シンプル&ナチュラルな外観にしたい。
・室内はシンプルすぎず、かわいらしすぎずで、雑貨とアンティークが映える空間にしたい。
・将来、自宅ショップをオープンさせたい。
・庭も部屋の一部に感じられるようなプランにしてほしい。
・洗濯動線を考慮して、出来れば1階で干せるスペースが欲しい・・・など
勝手口から続く裏庭は、ゴミを出したり、洗濯物を干したりする便利なサービスヤードとして活用することができます。キッチンを仕切る壁は、レトロな味わいのあるガラスの仕切りを入れました。 中庭の景色を切り取るピクチャーウインドウで明るく広がりのある玄関ホールに。土間にはアンティークテラコッタタイルを敷いています。
視線を遮りながら外の景色を取り入れるようにプランしたLDKの空間。リビングの大きな掃出し窓から、コの字型に囲んだ中庭へと続いています。 イギリスのアンティークミラーと陶器ハンドルの水栓金具でクラシカルなイメージの洗面化粧台に。
将来、奥様が自宅ショップを開く為に設けた一室。白くペイントした板壁や3つ並んだニッチは、商品を飾って楽しめるように計画しています。 ショップの格子入りドアは、シックなグレーベージュ色で塗装しました。白い板貼りの目隠し塀でプライバシーも確保しています。

  閉じる