神戸 西宮で、土地探しをする時に気になること,後悔しない家づくりの為の第一歩

神戸・明石で注文住宅を建てる為に土地探しから購入までを考える情報Q&A

土地探しについて

土地探しのポイント

家を建てたいと思った時に、土地から探す方も多いと思います。
ただ、闇雲に土地を探しても良い土地に巡り合えるかどうかはわかりませんし、家づくり同様、失敗したくないのではないでしょうか?住宅を建てる為の土地探しには土地を探す前に知っておくべき知識とコツがあります。そこで、土地からお探しの方に参考になる情報をご用意しました。

土地探しを行うのに順序が大切です。この順番通りでないといけない訳ではありませんが、よりスムーズに土地探しを行う為に参考して頂ければと思います。

  1. 探す土地の条件の洗い出し

    まずは具体的に土地探しを始める前の準備が必要です。 探す土地の条件をご家族で話し合って、希望の条件をリストアップしていきます。

    【エリア】

    通勤、土地勘など お勤めの会社までの通勤経路や時間を考えて、最低これくらいというラインを決めておきます。また、その土地について全く知らないより、ある程度、知っている方が土地を決め易いと思います。これは土地探しを行う上で、自然と調べるようになるので、それほど心配はいらないと思います。

    【周辺環境】

    買い物、病院、学校区、周辺住居の状況 買い物や病院と言った普段の生活に欠かすことのできない施設までの距離や評判は気になると思います。車で動くことが一般的かどうかでも変わる為、最低限これくらいと言うレベルで考えておくと良いと思います。 学校区については教育上、ご両親の考え方があると思いますので、その範囲で考えて頂くのが良いです。通学時間については通学する年数などを考えて頂ければ、それほど重視すべきポイントでないかもしれません。 周辺住居の環境というのは静かで緑が多い地域、便利だけど密集した住居地域、高台で景色が良い地域など、ご家族によって求める周辺環境は違う為、何を優先するかを考えておきます。

    【土地の条件】

    日当たり、道路の向き、土地の形、土地の大きさ、土地の価格 庭木を育てたり、家庭菜園を行うには日当たりの良い土地が必要ですが、家の中を明るくしたり、日射を入れる為にはある程度はプランの工夫で補えます。 道路の向きは南側道路が一般に人気がありますが、これは日当たりが良い土地が多い為ですが、北や西に面した道路でも土地の形状と大きさ、さらにはプランによって家の中を明るくしたり、日射を入れることは十分に可能です。逆に南側道路の場合、南面に窓を大きくとっても道路からの視線が気になり、カーテンを一日中閉めないといけないという状況になりかねない為、大きさやご希望の生活スタイルに合わせて考える必要があります。 なので、道路の向きについては先入観を持たずに良さそうな土地でしたら、設計者に相談するのが一番です。 土地の形についても整形の土地は規格型の建物では計画しやすい為、好まれますが、注文住宅で一から設計者がプランする場合にはその土地の形状を活かした建物と敷地利用も可能ですので、以外と割安な土地が手に入る場合が多いです。これも気になる土地は設計者にぜひご相談下さい。 土地の大きさと価格についてはどんな建物をいくらで建てるかによって変わってくる為、後述しますが、建築業者に相談してからでないと決めれないと思いますが、だいたいのイメージで結構ですので、考えておきます。北側道路に建つ家の施工例1北側道路に建つ家の施工例2

    これらのことを難しく考えず漠然とでも良いので、ご家族で話し合い、とりあえずピックアップしていきます。その後で、優先順位を付けて、絶対に譲れない事と場合によっては削っても良い条件などを考えておきます。できれば、ここでインターネットの不動産情報などを検索して、考えた条件で土地を探した時にどれくらいの価格が相場なのかを少しでも把握しておくと後の話が進めやすくなると思います。この時に条件の優先順位によっては(例えば立地を優先したい場合)建売住宅の方が良いかもしれませんし、マンションで良いという選択になるかもしれません。
  2. 土地探しの依頼先の検討

    条件をまとめることが出来れば、次は土地探しの依頼先を探すことになりますが、まずはインターネットや広告を見ることで見つかれば何も問題はありませんが、ほとんどの方は「条件に合わない…」もしくは「もっと良い条件の土地を探したい!」と思うのではないでしょうか? そして本格的に土地探しとなるとまず思いつくのは不動産屋さんに行って土地を紹介してもらうという選択ですよね。

    ここでちょっと注意して頂きたいのですが、不動産屋さんは建築のプロではないという事です。どういうことかと言いますと、ほとんどの不動産屋さんにとっては条件に合った土地を紹介して契約してもらう事が目的で、その土地にご希望の建物が建つかどうかまで、深くは考えてくれません。 もちろん、文句のない良い条件の土地の場合は問題はありませんが、場合によっては厳しい条件でもご希望の条件があえば、割安な土地を手に入れることもできます。例えば土地の購入後、余分な費用が掛かるか北側の道路でも建物の建て方やご希望によって魅力的な家を建てることも可能です。そういった意味で注文住宅を建てたい場合、できれば先に建築会社を訪問して、気に入った会社を絞って下さい。その上で建築会社に探してもらうか不動産会社を紹介してもらうと安心です。

    少なくとも自分達で探した土地に対してアドバイスしてもらえる建築会社を事前に決めておくと、その土地で大丈夫なのかどうか判断できるようになると思います。 また、事前に建築会社を絞ることで自分達の家を建てる費用と土地に掛ける費用を把握することができます。 その費用を元に自分達の考えている条件はご希望の土地の相場に合っているのかどうか確認してもらうこともでき、もし難しいようなら条件の再検討を行い、無駄に時間が過ぎることもありません。 ある程度、条件が合っていて、タイミングによっては可能な条件でしたら、条件をまとめて伝えておくことで土地が出れば、情報をもらうことができます。 とにかく、無駄に時間を掛けない為にも建築会社を早い段階で探しておくという事が大事です。
  3. 現地確認

    条件に合う土地が見つかれば、まずは現地の確認に行きましょう。そして次の項目をチェックしていきます。

    【周辺環境】

    周辺環境の確認はできる限り現地へ行って下さい。車や人通り、お店や病院など周りの環境が気に入るかどうかはご自身でないと判断できません。また、駅やお店などの距離は不動産情報やインターネットの地図情報で把握できても坂や車の通れない道があったりして、現地を確認して初めてわかることもあります。

    【土地の形】

    整形の土地はわかりやすいと思いますが、変形した土地は相場よりも安い場合があります。旗竿敷地と言われる敷地や台形や多角形の敷地がこれに当てはまります。そんな土地は条件に合えば、魅力的な場合もあるので「変形だからダメ」と考えずに建築会社に相談する方が良いです。旗竿地の施工例はこちら変形地(台形)の施工例はこちら

    【高低差のある土地かどうか?】

    敷地の中で高低差がある場合はすぐわかると思いますが、敷地と道路、隣地との段差も注意が必要です。道路や隣地との間に段差がある場合は、土を留める為に擁壁(ようへき)が必要になったり、古い擁壁がある場合、造り替えるか建物を擁壁から離して建てる必要があります。

    【上下水道の引き込み】

    水道や下水道が前面道路には通っていても敷地の中まで入っていないと道路を掘って、つなぐ必要があります。その費用は条件によって違いますが、結構な金額が掛かります。引き込みがあるかないかは確認しておきましょう。

    【隣の家の状況】

    隣の家が接近しているかどうかや現況の高さがどうなっているかを確認することで、ある程度は敷地の日当たりなどの条件がわかります。ただ、実際には計画する建物との関係で状況は変わり、また将来的に変化する可能性もある為、そこまで判断するにはやはり建築会社に確認してもらいましょう。

    【前面道路の幅】

    車をお持ちの場合、駐車に支障がないかどうかご確認下さい。この道路の幅は工事の時にも運搬車両が入れるかどうかで建築費用にも影響が出来ます。敷地までの侵入路が狭いかどうか?や近くに工事用の車両を停めることができるかどうか?隣の家までの距離や高さ、窓の位置や庭の状況などを確認することで、費用が余分に掛かるかどうかがわかります。また、条件が悪くそうに見えても意外とご希望の家を建てるには問題がない場合もあります。そう言った土地は割安なことも多い為、このように判断が難しい土地はまず、建築会社に相談してから決める方が無難です。
  4. 土地探しのコツ


    最後により早く土地の情報を得る為にちょっとしたコツを挙げておきます。

    住みたい地域の情報をもらう

    探している土地の近くに親族の方や友人などが住んでいる場合、土地の情報があれば、教えてもらうように伝えておくと有利です。知り合いを通じて情報を先に得ることが出来たり、仲の良い方だと近くに住んで欲しいと思うので、真剣に探してくれます。実際に弊社の施主様でもこの方法で見つけた方が何組かいらっしゃいます。
    土地探しは複数のチャンネルがある方が見つかる確率が上がります。

    複数の会社に依頼

    不動産屋さんや建築会社に土地探しを依頼する時、できれば複数の会社に依頼しましょう。この時に@でまとめた条件(特にエリアと費用)を詳しく伝えておきます。できる限り連絡をとって、こちらが本気で探していることがわかるようにします。土地のご紹介をもらった時にはその土地がどうだったか返事を返すようにしましょう。土地を探し、紹介するのも人がすることなので、真剣な人と適当な感じに思える人ではやはり真剣な人に先に情報をお伝えするのが人情です。ここでも複数当たることで、その会社にしかない情報やいち早く情報を得ることができる確率が上がります。

    古家付きの土地も検討

    古い住宅地などでは築何十年という古い家が建っている場合があります。その家を解体して建て替えをするのも一つの選択肢です。この場合、解体費が必要になり、大きさや構造にもよりますが、費用が150万円くらい掛かると思って頂けるとほぼ大丈夫です。この場合も上下水道の引き込み状況については確認しておいた方が良いです。
    また、土地の条件は気に入ったが、費用的に難しい場合は、リノベーションして住むと言う方法も検討できます。

    建築条件付きの土地

    土地を探していると必ずと言って良いほど、あるのが建築条件付きの土地です。通常、決まった建築会社で建てることが条件で販売されている土地ですが、交渉によってその条件を外してもらえる場合があります。ダメ元で交渉してみるのも良いかもしれません。この場合、交渉が得意でしたら直接交渉して方が良いですが、建築会社や不動産屋さんを通じて行うこともできます。

    空き地を見つけたら直接交渉

    最後は少し裏技になりますが、実際に買いたい地域の空き地を見つけたら不動産屋さんを通じて持ち主の方と交渉するという方法があります。これは条件の面などで難しい事がありますが、知り合いなどを通じて話ができれば、まとまる可能性もあります。

    以上、土地探しのヒントになればという事でまとめてみましたが、土地探しは一人ではなく、いろいろな人の協力を得ることでより良い土地に巡り合う確率は高くなります。ぜひ周りの人も巻き込んで、良い土地を探して下さい。

『この土地で自分たちの建てたい家が建つかどうか?』と不安に思われている方は、家づくり相談会[無料]でご相談頂ければと思います。お気軽にご参加ください。

住宅展示場の見方へ >

神戸・明石で注文住宅を建てる為に土地探しから購入までを考える情報

オーブルホームの家づくり    施工例    イベント    掲載雑誌   家づくり相談会   お客様の声

有限会社オーブルホーム

〒655-0006 兵庫県神戸市垂水区本多聞2-33-6
TEL 078-784-0206  FAX 078-784-0272

神戸を拠点に、自然素材を使った注文住宅・エコ住宅を提案する設計事務所+工務店です。デザインだけでなく、構造や断熱などの性能、動線、収納や使い勝手などの機能にまでこだわった家づくりを目指しています。

【施工エリア】
神戸市(垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区)・明石市・芦屋市・西宮市・加古川市・加古郡播磨町・加古郡稲美町・三木市・高砂市・三田市・淡路島・姫路市・小野市・加西市・加東市・西脇市・宝塚市・その他(ご相談下さい)

トップへ戻る