自然素材の家 オーブルホーム 木と漆喰でつくる家づくり

 HOME
掲載雑誌
イベント 
お客さまの声
 オーブルホームの家づくり
GALLERY 
コンセプト
こだわりの自然素材
家づくりのながれ
 プラン
設計手法
 健康に暮らせる家
シックハウスについて
シックハウスQ&A
 FAQ
土地探しについて
住宅展示場の見方
坪単価について
コストについて
一体どの工法が良いの?
外張断熱が一番?
高気密高断熱住宅に
欠かせないものって?
 オーブルホームについて
プロローグ
お客様へのお約束
会社概要
 リンク
リンク・書籍など 
 お問い合せ
メール
 ヨーロッパの風景
イギリス
フランス
北欧
■ 外張断熱が一番?
『内(充填)断熱と外張り断熱はどちらが良いの?』や『断熱材は何を選べば良いの?』といったご質問を頂きます。これに対して
『どちらでも良いし、何を使っても良い。』といつもお答えしています。

補足しますと、それぞれの工法や断熱材には長所・短所がありますので、それをしっかり把握して、その対処法を考えている業者に頼めば、まず問題はありません。そしてどの工法にも共通するのが、気密の施工をきっちり行い、監理者がしっかりと施工のチェックをするということが重要です。

現在通常、私がお薦めしているのは高性能グラスウール16Kのタイプを壁の中に充填する方法です。グラスウールにもいろんな種類があり、より断熱性の高い高性能タイプでより密度の高い16K品が現在のところコストパフォーマンスが高い為です。
同じ断熱性能ならば、コストが掛からない方が良いと思われる方が多いと思います。それを調べた結果が上記の高性能グラスウール16K品でした。ただ、断熱材によっても特徴があります。例えば、自然素材や環境への負荷が少ないものを使いたいと思う方やより高い断熱性を求める方、熱容量の大きなものやゴキブリなどの虫が出にくいものにしたいという方はコストとの相談になりますが、他の断熱材を使うのも良いと思います。

断熱と気密の性能は数値で表すことができます。断熱については熱損失係数(Q値)で、気密性能については実際の現場での測定になりますが、隙間相当面積(C値)で表されます。どちらも数値が小さいほど、高性能ということになります。
現在、当事務所で設計する住宅では、性能表示の断熱性能等級4よりもかなり高い数値で行っています。

断熱に関するご質問等をお受けする家づくり相談会を開催しております。どうぞお気軽にお申し込み下さい。
HOME GALLERY 土地探しについて お客様へのお約束
自然素材の家オーブルホーム オーブルホームについて コンセプト 住宅展示場の見方 リンク・書籍など
EVENT 家づくりのながれ 坪単価について プロローグ
お電話でのお問い合わせ 無料家づくり相談会 こだわりの自然素材 コストについて プライバシーポリシー
078-784-0206 掲載雑誌 シックハウスについて 一体どの工法が良いの?
(9~19時)日曜定休 オーブルホームBLOG シックハウスQ&A 外張断熱が一番?
高気密高断熱住宅に
欠かせないものって?
Copyright© ARBRE HOME All right reserved.