高気密 高断熱 の家

高気密高断熱に欠かせないものって?|神戸で省エネ住宅を建てるQ&A

高気密高断熱に欠かせないものって?

断熱・気密と同時に考えなければならないのが換気計画です。いくら自然素材を使っていても換気を行わないと人から発生するCO2など空気を汚染し、よどみますので必ず検討して下さい。このときに極力、機械だけでなく窓を開けることによって行えるように計画することも重要です。季節によっては開け放つのもいいですが、開けたくない季節にはしっかりと閉ざすことができる換気計画が、こんな時こそ役立ちます。現在、私たちがご提案する時はご希望を聞いた上で極力、熱損失が少なくなる方法で行っています。

そしてもう一つ、省エネ住宅の為に重要なのが窓(サッシ)です。窓・ガラスは、どんなに性能の高いものを使っても壁や天井に断熱材を施したものに比べると断熱性能は数分の1程度しかありません。ほとんどの熱は窓から出入りすると言っても過言ではありません。それほど窓の断熱性能は大切だということを覚えておいて下さい。それから窓を考える上でもう一つ大切なのが結露対策です。この両方を考えて窓を選ぶ必要があります。

窓(サッシ)はガラス部分と枠部分があります。まずガラス部分のおすすめを言うとLow-Eペアガラスを使いたいところです。Low-Eガラスはガラスに金属膜のコーティングをすることによってより断熱性を高めたガラスです。冷暖房費の節約や快適に暮らせることを考えると十分に元はとれると思います。また枠部分のおすすめを言うと、アルミサッシが一般に普及していますが、アルミだけの場合どうしても結露を起こしてしまいます。特に冬の朝、窓に結露で悩まされたことがあるのではないでしょうか?どんなにガラスを良いものにしても枠が結露しては意味がありません。これも予算があれば、木製のものにしたいところです。デザイン的にもとても落ち着きます。地域にもよりますが樹脂サッシ又はアルミサッシでも断熱サッシを使用したいところです。とにかく、断熱計画を考えるうえで重要なのは部分的に断熱性能をあげるのではなく(それでも断熱性は向上しますが)バランスよく行うことです。


< 外張り断熱が一番?

高気密高断熱に欠かせないものって?|神戸で省エネ住宅を建てる

オーブルホームの家づくり    施工例    イベント    掲載雑誌   家づくり相談会   お客様の声

有限会社オーブルホーム

〒655-0006 兵庫県神戸市垂水区本多聞2-33-6
TEL 078-784-0206  FAX 078-784-0272

神戸を拠点に、自然素材を使った注文住宅・エコ住宅を提案する設計事務所+工務店です。デザインだけでなく、構造や断熱などの性能、動線、収納や使い勝手などの機能にまでこだわった家づくりを目指しています。

【施工エリア】
神戸市(垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区)・明石市・芦屋市・西宮市・加古川市・加古郡播磨町・加古郡稲美町・三木市・高砂市・三田市・淡路島・姫路市・小野市・加西市・加東市・西脇市・宝塚市・その他(ご相談下さい)

トップへ戻る