大正ロマン・昭和レトロな和洋折衷インテリア

大正ロマン・昭和レトロな和洋折衷インテリアの施工事例|神戸市灘区の注文住宅WORKS

大正ロマンを感じる和洋折衷インテリア|神戸市灘区TA様邸

大正ロマンのインテリア

白い漆喰壁に濃いブラウンの木が落ち着いた印象を与える室内。イギリスアンティークと和製アンティークをミックスさせ、大正ロマンを感じる和洋折衷のインテリアに仕上げました。古物やアンティークにもご理解のある施主様でしたので状態の良いアンティークを選定し、初回プランより組み込んでご提案させて頂きました。

和洋折衷インテリア

濃い色で塗装した腰板貼りと壁に埋め込んだイギリスのアンティークステンドグラスがクラシカルなイメージのLDK。キッチンの対面はカウンターを設けて食事やパソコンが出来るように計画しました。施主様が海外旅行で購入された思い出のアートタイルを壁に取り付け、モールディング枠を回してインテリアのアクセントに。

ノスタルジックな書斎

リビングに併設した書斎コーナーの内部は、木製のコーナー窓から明るい光がたっぷりと入ります。書斎から見たLDKはノスタルジックな雰囲気が漂います。

和製アンティーク

書斎コーナー入り口は和製アンティークの建具を採用しました。古い型板『ダイヤガラス』が入った欄間を取り付け、木枠のガラス戸を引戸として加工しています。

レトロなインテリア

気泡がたっぷりと入ったガラスの引戸を閉めると、古き良き時代にタイムスリップしたかのよう。新しくも懐かしい趣のあるレトロなインテリアが魅力です。

イギリスのアンティークミラー

上質なオーク材ヘリンボーン貼りの玄関ホールと1階のトイレ。ゆったりとした広さを確保し、手摺を設けてバリアフリー仕様に。トレイの手洗いコーナーにはイギリスアンティークのカッティングミラーを合わせました。

ウォークスルー収納

玄関土間から引戸でつながるスペースは、通り抜け可能なウォークスルー収納。帰宅して上着を掛けて靴を仕舞い、パントリー、キッチンを通ってリビングへと回遊できます。キッチンの横には洗面脱衣室を設けたので手洗いを済ませてからリビングへ移動できる動線です。

Q1.0住宅(キューワン住宅)

2Fホールはセカンドリビングとしても使える広さ。1Fには障子戸を入れた居室もあります。全館空調・太陽光発電・耐震等級3の構造・高気密高断熱仕様(Q1.0住宅)など、安心して長く快適に暮らして頂くために、万一の災害の備えも大切に考えた注文住宅になりました。

< PREV

Worksへ戻る >


オーブルホーム

〒655-0006 神戸市垂水区本多聞2-33-6
TEL 078-784-0206  FAX 078-784-0272

神戸を拠点に、自然素材を使った注文住宅・エコ住宅を提案する設計事務所+工務店です。デザインだけでなく、構造や断熱などの性能、動線、収納や使い勝手などの機能にまでこだわった家づくりを目指しています。

【施工エリア】
神戸市(垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区)・明石市・芦屋市・西宮市・加古川市・加古郡播磨町・加古郡稲美町・三木市・高砂市・三田市・淡路島・姫路市・小野市・加西市・加東市・西脇市・宝塚市・その他(ご相談下さい)

トップへ戻る