カフェ風キッチンのある家

カフェ風キッチンのある家の施工事例|播磨町の注文住宅WORKS

カフェ風キッチンのある家|加古郡播磨町U様邸

かっこいいカフェ風

明るく開放感のあるダイニングで、のんびりと過ごすひとときは自宅にいながらカフェ気分。冬は床下エアコン1台で家全体を暖房し、夏は2階ホールの1台で冷房。吹抜けで空間がつながることで、1階と2階の温度差も少なくなり、家中どこへ行っても快適な室温が保てます。

カフェのようなキッチン

造作キッチン&カップボードは天然の節や木目を楽しめる【節有りオーク材】を選び、ラフでカジュアルなイメージに仕上げました。アイアン×木×タイルの素材使いでお気に入りのカフェのようなキッチンに。

カフェ風キッチン

漆喰の白とオーク無垢材の木の色を基調としたシンプルな空間。アイアンや金具の黒いパーツが部屋の印象を引き締めて、メリハリのあるかっこいいインテリアに仕上がっています。

スタディーコーナー

階段下の空間を利用した家族みんなで使えるスタディーコーナー。階段手摺と吹き抜け手摺はアイアンで造作したシンプルデザインです。

造作テレビボード

空間にスッキリと馴染むテレビボードは、本体とオープン棚を造作し、市販の引き出しを入れた計画に。造作と既製品を組み合わせた収納は、使い勝手とコスパの両方を叶えます。

トイレの腰板

玄関ホールから繋がる洗面コーナーは、サブウェイタイルに丸ミラーが映える造作洗面台。トイレはスモーキーブルーの腰壁とペンダントライトがアクセントになるおしゃれな空間。洗面横の引き戸を開けるとファミリークローク→ランドリールーム→リビングへと回遊できます。

アイアン手摺

2階ホールは多目的に使えるようゆとりを持たせて計画しました。ソファを置いてセカンドリビングとして利用したり、子ども達のプレイスペースとしても。吹き抜けを通してダイニングとつながります。

ヨーロッパの石畳

ライトグレーの板張り外観を引き立たせるのは石畳のアプローチ。ヨーロッパ各地で実際に使われていた本物のアンティークストーンを用いています。落ち着きのあるグレー・ベージュ・赤系のミックスカラーが、玄関まわりを華やかな印象に。

グレーの外観

玄関の内壁にもペイントの板張りを採用する事で、自転車フックや棚板も必要に応じて後付けが可能になります。耐久性の高い木材を用いた外壁は将来的なメンテナンス費用も少なくて済み、ホワイトでまとめたサッシ枠と北欧の断熱ドアが爽やかなイメージの外観になりました。

< PREV

Worksへ戻る >


オーブルホーム

〒655-0006 神戸市垂水区本多聞2-33-6
TEL 078-784-0206  FAX 078-784-0272

神戸を拠点に、自然素材を使った注文住宅・エコ住宅を提案する設計事務所+工務店です。デザインだけでなく、構造や断熱などの性能、動線、収納や使い勝手などの機能にまでこだわった家づくりを目指しています。

【施工エリア】
神戸市(垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区)・明石市・芦屋市・西宮市・加古川市・加古郡播磨町・加古郡稲美町・三木市・高砂市・三田市・淡路島・姫路市・小野市・加西市・加東市・西脇市・宝塚市・その他(ご相談下さい)

トップへ戻る